空腹は最強の薬

本の紹介

 「1日三食をとるのが体にいい」というのは誤りでした。1日三食は胃腸を疲れさせ、体の不調を招きます。もともと江戸時代までは1日二食でした。明治維新以降から三食になったのです。

 腸や肝臓の負担を考えた事ありますか。食べたら完了ではなく、食べてから消化するまでが内蔵の仕事です。食べものが胃の中に滞在するのが5時間、小腸では消化物を8時間かけて分解、大腸は水分を20時間かけて吸収。1日三食、食べると内蔵は休む暇がありません。若い時はなんとかなりますが、歳を取ると、処理しきれなくなって病気になってしまいます。

 さて、内蔵をどのくらい休ませてあげたらいいでしょう。16時間です。何も食べずに16時間内蔵を休ませてください。16時間休ませるとある機能がスイッチが入るります。それがオートファジーと呼ばれるものです。オートファジーとは古くなった細胞が新しく生まれ変わる体の仕組みです。体がクリーンになります。若返ります。老化しません。

 16時間も食べないなんて無理だーと思った人いますか。これが意外と簡単にできてしまうのです。空腹時間は睡眠時間を入れてもいいのです。例えば夜20時に食べ終わっていて、次の日12時に食べれば16時間になります。朝食べないで会社に行く事ってよくありますよね。今日からあなたも始めてください。

 これは、癌の予防にもなります。これを実践している人は癌になりません。

GORO

GORO

プログラマー歴40年、63歳、上場会社で嘱託社員として働いています。直腸癌にて癌摘出手術を行い、人工肛門、ストマ生活、閉鎖、脱肛、便失禁となりました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP