ウイルスを怖がるのは止めよう

健康

 あなたが新型コロナウイルスのでっち上げから、うまく、くぐり抜けられますように、お話しましょう。大したことではないのに、世界中の人がマスクを着けています。誰もが恐れています。死ぬのを恐れています。

 今生きている人たちが、いつかは全員死ぬということを知らないんですか。それは真実なんです。皆さん全員死にます。マスクを着けようと着けまいと、それは変わりません。

 全員死にますが、その前に生きることができます。生きないこともできます。家の中に留まって、恐れて、社会と距離を置いて、楽しむことをせず、ハグもせず、触れ合うこともなく、これでは生きているとは言えません。

 問題は死ぬかどうかではなく、死ぬ前に生きたいと望んでいるかどうかです。死ぬ前に、生きたいですか、生きたくないですか。生きることを楽しんでください。それは今です。今しかありません。

 突然、みんなが1つのウイルスを恐れ始めました。まるで何か新しい物のように。ウイルスなんて新しいものではありあません。地球上には人類が誕生してから、何百万ものウイルスが存在していました。何百万もです。それでも私たちは生きています。

 マスクを着けたってウイルスは存在しています。将来も存在し続けます。好きなだけワクチンを打っても良いですが、ウイルスは存在し続けます。ウイルスの中には私たちの健康を助ける物もあります。そろそろウイルスを恐れるのを止めたらどうでしょうか。そしてウイルスを歓迎しましょう。

 私たちの身体にはとても良い物があります。それは免疫システムと呼ばれています。私たちは免疫力を持っています。いつも細菌やウイルスが私たちの体に入って来ます。何百万という数が毎日入って来ます。生まれた瞬間から、赤ちゃんの頃から、今まで、そして死ぬまで、毎日新しい細菌やウイルスが体に入って来ます。

 私たちの体には50兆の細胞があります。でも私たちの細胞の数の1.5倍の数の細菌やウイルスが体内に存在しています。わかりますか。私たちのDNAの細胞の1.5倍の物は私たちの体ではないのです。顕微鏡を使って自分の皮膚を見てください。動物園みたいですよ。怪物だらけです。シャワーを浴びようが、お風呂に入ろうが、何をしようが、あなたの体は動物園です。

 ある人は体をこすります。特に日本では肌を何度もこすります。何を取り除いているんですか。皮膚です。汚れではありません。あなたには皮膚が必要です。皮膚を常に取り除いていれば、皮膚病になります。日本ではゴシゴシこするのが大好きですね。日本は皮膚病の世界一の国です。なぜでしょう。皮膚を取り除くからです。皆さんには細菌が必要なのです。この小さな怪物たちが必要なのです。インターネットで見てください。カニみたいですよ。

 体中カニだらけ、皆さんにはカニが必要なんですよ。悪い菌や悪いウイルスから守ってくれるのです。腸内にも細菌がウヨウヨしています。それらも必要なものです。食べ物の消化を助けてくれます。これらの細菌を取り除けば、下痢になります。だから抗生物質は悪いのです。抗生物質はとても悪い物です。抗生とは生に抗う(あらがう)抵抗するという意味です。抗生物質は腸内細菌を全て殺してしまいます。そして下痢になります。

 ある人は健康に問題があります。過去に多くの抗生物質を摂っていたために、ずっと下痢の状態です。楽しくないでしょ。毎日毎日止まりません。良い医者は抗生物質を与えると同時に酵母菌を与えます。それでも効果がない人もいます。毎日下痢をする生活を想像してください。1度ではありません。1日に5回も6回もトイレに駆け込みます。楽しくないです。そして多くのミネラルやビタミンを失います。健康状態が日に日に悪くなります。

 1つ解決策があります。いくつかの病院で始められています。健康な人の腸内に管を入れて、腸の中の便の中の細菌を取り出し、それを下痢の人に注入するのです。すると下痢が止まります。皆さんがどれだけ細菌を必要としているかがわかります。体内に細菌やウイルスがなければ、生きていけません。

 ですからウイルスや細菌の感染を恐れないでください。全てを殺菌するなんて愚かです。子供の頃、私たちはホコリや泥の中で遊んでいました。泥だらけになって、時々泥を口に入れたりして。そのおかげで免疫力が強くなっています。

 今は誰もが恐れています。手にアルコールを付けて、全てを消毒して、人々はどんどん弱くなります。するとどんな細菌やウイルスがやって来ても、病気になります。

 生まれつきで、免疫を持っていない子供が存在します。遺伝的問題です。その可哀想な子供は無菌室に入れられます。どんな細菌やウイルスが来ても死んでしまうからです。その子供は免疫システムがありません。遺伝的に障害があるのです。でもある知性的な医者が、無菌室の中にゆっくりと菌を入れていき、免疫システムを構築し始めるようにしていきます。どんどん入れていき、ついに何週間もの治療の後、免疫システムを獲得しました。薬を使う治療ではありません。子供達に細菌やウイルスを与え体に反応させる治療です。体が反応したのです。

 毎年日本では2万から5万人の人がインフルエンザで死にます。皆さんまたは、皆さんの周りの人でかかった人がいるはずです。インフルエンザとは何でしょう。小さなウイルスです。もしあなたが健康で良い物を食べていれて、日に焼けていたら、体が自分を守ってくれます。少し弱っている時、疲れている時、ストレスがある時、悪い食べ物を食べている時、お酒、タバコ、薬などで体は弱くなります。そんな時はインフルエンザに勝てないかもしれません。

 インフルエンザにかかったら体は熱を出します。熱とは何ですか。体は言います「細菌が入った。ウイルスだ。やっつけないと」私たちはとてもラッキーでウイルスや細菌は私たちの平熱の温度を好みます。37度くらい、それくらいを好みます。でも39度や40度になるとウイルスはすぐに死にます。とてももろいです。

 とても知性的なあなたの体は細菌が入ってきたら熱を出します。熱をもっと上げよう。細菌は全て死にます。私たちは生き残ります。熱はとても良い物です。過去に愚かな医者は熱を下げる薬を与えていました。熱を下げると感染は広がり体調は悪くなります。熱を上げておきましょう。寝床に留まって、水を飲んでいると細菌は死んでいきます。数日寝床にいれば治ります。それが免疫システムです。

 皆さんは全員強い免疫システムを持っています。どうやって強くしますか。マスクをしないこと。できるだけ多くの菌をもらうこと。太陽に当たること。日本人は日光を嫌がります。白い肌を保ちたがります。強い免疫システムのための最強の道具の一つはビタミンD3です。錠剤で摂ることはできません。日光によって体内で作られます。1日20分で免疫システムを保てます。簡単です。新鮮な果物、新鮮な野菜で十分強く健康な体を持つことができます。

 あなたは自分の免疫システムに責任があります。この免疫システムに感謝です。免疫システムを弱めるのは何でしょうか。免疫システムを弱める一番の原因は何でしょう。それは恐れです。ストレスです。恐れがストレスを生みます。

 テレビを見ていると、コロナで多くの人が死んでいます。マスクを付けて恐れましょう。手洗いをしましょう。あなたは常に恐怖の中で生きることになり、免疫システムが弱まります。病気になる人の99%はその前の3週間に強いストレスを受けています。

 皆さんそれを知っていますよね。風邪を引いたと言いますが、思い出してください。風邪を引く時はいつも、毎回その前の3週間にストレスがあったでしょう。ネガティブなものでもポジティブなものでも同じです。

 あなたが職を失ったら、その1週間か2週間後に風邪を引きます。ストレスがなければ決して風邪を引きません。ストレスがあれば引きます。ストレスが免疫システムを弱めるからです。ポジティブなストレスもありますが大抵はネガティブなものです。ポジティブなストレスとは新しい彼氏ができた。新しい彼女、新しい仕事、それがストレスです。それで免疫システムは弱まります。免疫システムを普通の状態に保つコツは何でしょう。ストレスを持たないこと。良いことが起きたら歓迎し、悪い事が起きても歓迎します。

 ラスベガスは最も心臓発作が起こる場所です。カジノで勝つからです。人はカジノでバカな機械で遊んで勝つと「やったー」と喜んで死にます。勝ったストレスで死んでしまいます。

 だからあなたはブッダでいてください。笑って、微笑んで、悪い事が起こっても、それは過ぎて行きます。良い事が起こっても過ぎて行きます。ただ今を楽しみましょう。いつも今を生きていればストレスはありません。あなたの免疫システムを完璧に働かせることができます。

 覚えておいてください。健康の最大の敵は恐れです。テレビのニュースを見るのを止めましょう。一日中見ている人がいます。あー1万人が死んだ。色んな所で、いつも、ハンマーで打たれるように恐れ恐れ恐れています。

 街に出ると皆マスクをしています。日本は昔からマスクをしていましたね。風邪を引いたら他人に移さないように、マスクをするのは良い事です。自分が病気の時に自分がマスクをするは他人を守るために良いです。

 でも病気じゃない時は必要ありません。逆に病気になってしまいます。街に出ると皆マスクをしています。レストランの中でもマスクをしています。レストランに入ると消毒液を与えられます。言われる通りにしないでください。強制されるものではありません。

 マスクはまったく役に立たないだけでなく、危険でもあります。自分が吐き出した二酸化炭素をもう一度吸うことになりますから。自分自身と自由の感覚を守りましょう。それが最も重要なことです。これで皆さんが健康でいられることを願います。

クリティア_アマダナ

ドクターベジフル青汁

GORO

GORO

プログラマー歴40年、63歳、上場会社で嘱託社員として働いています。直腸癌にて癌摘出手術を行い、人工肛門、ストマ生活、閉鎖、脱肛、便失禁となりました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP